自然の中へ、日帰り小旅行気分。
イギリス人から教わる、本場のお料理教室!
(通訳付きで安心!)

日本在住のイギリス人、スチュワートさんの
素敵なご自宅で、本場のイギリス料理を作ってみませんか?

都内から、約80分で行けちゃう自然溢れる場所、
埼玉県、飯能市にあるスチュワートさんのご自宅で
本場のイギリス料理を作る、お料理教室1dayイベントです。

スチュワートさんは、英語で教えてくれますので
簡単な英会話レッスンにもなりますね!

でも、通訳がちゃんと付くので、英語が全く話せなくても、問題ありません!
参加される方は、日本人でお一人参加の方が多いです。

少人数制ですので、ぜひお友達を作りに来てください!

自然に触れて、異文化に触れて、
お休みの日に、楽しい日帰り小旅行気分!
ぜひ一緒に、充実した休日を過ごしましょう!

 

主催「ありがとうを伝える会」からのお願い!

この会は「ありがとう」を通じて、
現地の方や、他の参加者さんと、より温かい
交流をしていくことを目的としています。

参加される方は、
あなたらしい、とっておきの「ありがとう」を、
スチュワートさんや、現地スタッフさんに伝えてくださいね!

*ありがとうを伝える会についてはこちらをクリック*

 

自然の中へ、日帰り小旅行気分。
イギリス人から教わる、本場のお料理教室!
(通訳付きで安心!)

 

4月14日(土曜日)

10:30
埼玉県飯能市 西武池袋線 東吾野駅  集合
送迎の車にて、スチュワートさん宅へ

*西武池袋線・池袋駅改札で紘子(ひろこ)と、待ち合わせて、電車でご一緒することも、可能です。ご希望の場合、お申し込み時に、その旨を、「備考欄」へお願いします。

 

11:00
お料理教室スタート!
メニュー(コールスロー・パンプキンスープ・フィッシュパイ・デザート)

13:00
作ったお料理で、昼食会。

14:00
スチュワートさんやスタッフの方に、
あなたらしい「ありがとう」を伝えましょう!

15:00
送迎の車にて、東吾野駅へ。

自由解散。

終了時刻は、多少前後する可能性がございます。

定員:5名 (中学生以上から参加できます)

参加費:6500円 (中学・高校生は5500円)
お支払い方法:銀行振込

キャンセルポリシー:*開催者のポリシーに準じています。

・開催日の10日前(AM0:00)までキャンセルされた場合:100%返金いたします

・開催日の5日前(AM0:00)までキャンセルされた場合:50%返金いたします

・開催日の5日前(AM0:00)以降にキャンセルした場合:返金いたしかねます

※ご返金に伴う振込手数料はお客様負担になります。

持ち物:エプロン・ハンドタオル・筆記用具

*お申込みの締め切り日は4/8(日)です。

お問い合わせ、ご質問はお気軽にこちらへ!

【スチュワートさんからのメッセージ】

I’ve been teaching in Japan since 1998
and love learning about traditional culture and sharing mine.

1998年から、日本で英語を教えています。
日本の文化を学ぶのが好きだし、
英国文化のことを、皆に伝えるのも好きです。

I would like to show people what traditional home cooking is
and to eat together in my home or garden.

自然豊かな、私の家や庭で英国の伝統料理を
どう作るのかお披露目し、一緒に味わいたいのです。

I have my own vegetable garden
so I try to use as much of my own fresh vegetables as possible.

自家製の野菜を数種類、庭で育てているので、
出来る限りその新鮮野菜を用いるようにしています。

Please relax in the refreshing mountains and taste homemade food.

清々しい山々に囲まれて、リラックスしながら
ホームメイドの料理に舌鼓をうちませんか?

 

【主催Hirokoからのメッセージ】

・スチュワートさんは、とっても手際がよくて
英語もとっても分かり易くて、素敵な人です。

お家に帰って、自分でも料理が作れるように、
レシピを工夫して教えてくれます。

イギリスの文化や習慣など、あらゆる質問に
詳しく答えてくれる人。

お掃除の行き届いたお部屋で、アットホームに
お料理教室を楽しめますよ!

*ありがとうを伝える会とは?詳しくはこちらをクリック*

☆☆☆・・・・・☆☆☆・・・・・☆☆☆
「その他、イベント日程はこちら!」

https://hiroko39.com/?post_type=news